管理人の読書BLOG。乱読傾向過多!!来るもの拒まず手当たり次第。内容責任取れません。
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< レジェンド・オブ・メキシコ デスペラード | main | アバラット2/クライヴ・バーカー >>
華氏 911
マイケル・ムーア
ジェネオン エンタテインメント
(2004-11-12)

アメリカ人が見るべきドキュメンタリー映画。ブッシュ大統領に対する批判を(あくまで)ムーア監督の視点で主張したのが本作。使用されているのは全て現実に映された映像なのだが、あくまでムーア監督個人の視点で再編集したものなので、これを全てと受け取ってしまうのは早合点というものだろう。ブッシュ家とアラブ=ビン・ラディン家の意外な繋がりの深さに少々驚いたが、同時多発テロ時のブッシュの対応に関しては、そこまで…と思えなくもない。
しかし私の関心を特に捉えたのは後半のイラク戦争についてで、日本の新聞やテレビではあまり表に出てこない、米軍によるイラク市民の殺害、イラク人捕虜の前で悪ふざけをして笑いあう米兵の様子がまざまざと映し出される。どんなに正義を叫ぼうと、イラク人にとってここでは米国は敵なのだ。その一方で、米軍派遣を国の為平和の為と心から信じる人々もいる。そうして派遣された兵が、カメラの前で恐怖を訴え、息子を殺された母が何故と号泣する。そして派遣された兵士の大部分が貧しい家庭の出であり、優れた就職先として入隊を選ばねばならない現実、戦争を決めた当事者たちの身内がほぼ100%イラクに行ってはいない事実。ムーア監督から「あなたの息子をぜひイラクへ!!」と呼びかけられて足早に立ち去っていく政治家達。
一体何の為の戦争だったのか。その疑問に答えは見つからない。
スポンサーサイト