管理人の読書BLOG。乱読傾向過多!!来るもの拒まず手当たり次第。内容責任取れません。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 古道具 中野商店/川上 弘美 | main | スター・ウォーズ エピソードV帝国の逆襲/エピソードVIジェダイの帰還 >>
犯人に告ぐ/雫井 脩介
捜査の行き詰った連続児童殺人事件。警察はTV放映による劇場型捜査で犯人を燻り出す作戦に出た。
数年前、児童誘拐事件で致命的なミスを犯して左遷された警視が、汚名挽回として担ぎ出される。警視庁、報道局それぞれの思惑の中、警視・巻島は今度こそ犯人を捕える為にカメラの前に立つ…。

全く本文に関係ないのだが、警視ってもっとエラいのかと思ってた。これまで読んだ推理ものだと、捜査をするのは刑事、警部ばかりで、警視といえばずっと上の存在だった。ここに出てくる警視は刑事とあまり変わりなく見える。
内容としては面白いには面白いのだが、巻島の上司たちがあまりに悪役してて、こんなに警察って腐ってんの??と愕然としてしまう。いや、あくまでフィクションと判ってはいるが、悪役としての描写しかされていない辺りに少し引っかかりを覚える。
事件を解決したいという正義感とは別の、警察側、報道側の思惑(欲望)が興味深い。ここをさらに掘り下げた作品があっても面白いのでは。
スポンサーサイト