管理人の読書BLOG。乱読傾向過多!!来るもの拒まず手当たり次第。内容責任取れません。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 臥竜の天 上・下/火坂 雅志 | main | ひぐらしのなく頃に 第1話 鬼隠し編 上・下/竜騎士07 >>
有頂天家族/森見 登美彦
森見 登美彦
幻冬舎
(2007-09-25)

『きつねのはなし』は全然判らなかった。話題作、しかも本などとんと読まない身内までもが読みたいとのたまった作品なのに、読んでも全然その面白さが判らなくて少々自分のおつむに疑問を抱いたりした。
けれど本作は文句なし、すっごく面白い。人を食ったみたいな文体は大変リズミカルで読みやすかった。これはもう、普段本など読まない人にも絶対オススメ!
京都にはびこっているのは人のみにあらず。狸と、それに天狗も有り。狸の矢三郎とその兄弟を中心に繰り広げられる短編集が本作。
とにかくこの作品の魅力は狸である。人間に化けて京都の町を自由奔放に歩き回っている彼らのユニークなこと。しかも可愛い。下鴨4兄弟の個性溢れるキャラクターも魅力だし、彼らの家族愛もほろりとくる。
ちらりと『夜は短し歩けよ乙女』でお見かけしたような人物が出てきたり(一読故、記憶怪しいが)と、コアなfan向けのお遊びもある。伊坂幸太郎と云い、近頃は複数作品で登場人物の共演ってのが流行ってるんだろうか。
最終ページによれば、新作が雑誌発表されるそうなので、巻数重ねていきそう。半端に連載するよりはここで終わった方がすっきりして良いような気もするが。
取り合えず、この本は文庫化したら絶対買い!
★★★★★
スポンサーサイト