管理人の読書BLOG。乱読傾向過多!!来るもの拒まず手当たり次第。内容責任取れません。
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 神々のプロムナード/鈴木 光司 | main | 大黒屋光太夫 上・下/吉村 昭 >>
キャッチャー・イン・ザ・ライ/J.D.サリンジャー 訳・村上春樹
青春小説『ライ麦畑でつかまえて』を村上春樹が新訳…とはいえ私は初読みだが。
社会に対して反感を抱く青年の日常を描く名作とはいえ、今から読めばさして斬新という訳でもない。
それにしても村上春樹らしい作品だ。村上春樹の作品がこの流れを汲むものか、村上春樹の訳だから似通ったのかどちらなのだろう。訳者の個性というのは出るものなのだろうか(出て良いものなのだろうか)。どちらにしても、本作、面白い作品だった。
★★★☆☆
スポンサーサイト