管理人の読書BLOG。乱読傾向過多!!来るもの拒まず手当たり次第。内容責任取れません。
<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 左岸/江國香織 | main | ファミリーポートレイト/桜庭 一樹 >>
右岸/辻仁成

辻仁成
集英社
(2008-10-11)

 人生論だけ語るとお固くなるから、お笑いパートとして出したんだろうか。セックスシーンは暫し無言。雑誌連載だそうだから、飽きさせない為に必要なところもあるだろうけれど。
『左岸』で九が幼少時代以外の記憶を失ってしまった時、九の人物像を、望まない力を得てしまった無垢な人物と勝手に想像してしまったので、余計に『右岸』を読んで引いてしまったところがある。こう云う男は私はイヤだ。
『右岸』としての評価
★★★☆☆

スポンサーサイト