管理人の読書BLOG。乱読傾向過多!!来るもの拒まず手当たり次第。内容責任取れません。
<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 小太郎の左腕/和田 竜 | main | エラゴン 遺志を継ぐ者 >>
宵山万華鏡/森見 登美彦
森見 登美彦
集英社
(2009-07-03)

読んでいる途中で、祇園祭の宵山に行きたくて行きたくてたまらなくなった。
以前1回だけ行ったことがある。山や鋒を見る目的で昼から行ったのだけれど、夜になってからの迫力に圧倒された。あんなにたくさんの夜店を見るのは初めてだった。大きな道路いっぱいに人が溢れて、何処まで行っても延々と宵山の光景が続く。宵山に行ったことのある人なら、この本に描かれる不思議な話もさもありなんと思うに違いない。今冬だけど、夏になったら絶対宵山行くんだ!と固く決意した。
と云う訳でこの本は宵山に起こった不思議な話の連作集だ。舞台が同じなので、登場人物が微妙にリンクしあい、一部では別作品の人物も出てくる。つくづく最近、こういう他作品とリンクした作品多いなあ。
連作の中では第2話『宵山金魚』と、その舞台裏をあかした第3話『宵山劇場』がちょっと雰囲気が外れている。他の作品は『きつねのはなし』のような幻想的な作品なのに、この2つだけ『夜は短し歩けよ乙女』のノリだ。
ここに出てくる人物が最後の『宵山万華鏡』でも出てくるのだけれど、似てるのに何処か雰囲気が違う。同じように『宵山回廊』と『宵山迷宮』も、『宵山金魚』と同じ人物が出ているはずなのに何か違うふうに書かれていて、そのズレがまた宵山の独特の雰囲気と相まって不思議さをかもし出している。

『きつねのはなし』はあまり好きじゃない。読み終えてなんで人気あるのか判らなかったくらい。
自分は『有頂天家族』みたいな独特のノリの文体が著者の魅力だと思ってるのだが、この本はとても印象に残ったし、良い作品だと思った。宵山に行った経験があるからこその感想かもしれないけど。
取り合えず、夏になったら今年は絶対祇園祭に行く!
★★★★★

スポンサーサイト