管理人の読書BLOG。乱読傾向過多!!来るもの拒まず手当たり次第。内容責任取れません。
<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 製鉄天使/桜庭 一樹 | main | Another/綾辻 行人 >>
SOSの猿/伊坂 幸太郎
伊坂 幸太郎
中央公論新社
(2009-11-26)

読売新聞連載中に読もうと努力したが途中で脱落。
思うに伊坂作品は新聞連載には向いてないんじゃないか。新聞連載には短い文章でインパクトある筋をどんどん打ち出す作品が向いてる。3Pくらい読んで「こう云うことか」と思う文章を3日くらいに分けて掲載されると、3日目には1日目の文章を忘れてしまって判らなくなってしまう。(あくまで私の場合) さらに"私の話"と"猿の話"が交互に出てこられると余計に訳判らん。
故に脱落したのだが、こうやって本にまとめられるとふつーに面白かった。
困ってる人を見過ごすことが出来ない性格から、エクソシストをしている遠藤二郎が知り合いのお姉さんに頼まれて引きこもりの少年に会いに行く"私の話"。
株の誤発注の原因を探りに証券会社に赴き、原因から原因へと因果関係を辿っていく五十嵐真の"猿の話"。無関係に思われた二つの話のエピソードがつなぎ合い、"現在"で1つになる。
ところで"猿""孫悟空""エクソシスト"と云う同じキーワードを使って、五十嵐大介が『SARU』と云う作品を追いかけて発行しており、出来ることならそちらも合わせて読みたいところ。あいにく漫画なので図書館を利用出来ないのが辛い。
★★★☆☆

スポンサーサイト