管理人の読書BLOG。乱読傾向過多!!来るもの拒まず手当たり次第。内容責任取れません。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 1Q84 BOOK 3/村上 春樹 | main | マドンナ・ヴェルデ/海堂 尊 >>
モンスター/百田 尚樹

その容姿からモンスター扱いを受けてきた女性の、一種の復讐譚。
風俗で身を削りながら金を貯め、何度も何度も整形を繰り返し、最高の美を手に入れて故郷に戻る。知人達は誰もかつてモンスターと呼んだ女性であることに気付かない。むしろ美しさに惹かれて近づいてくる。そんな知人達にひっそりと復讐を仕掛けていく。

正直に云って、やっぱり美しいってことはそれだけで価値があるんだと思う。
誰だって不細工よりも綺麗なものの方が良いに決まっている。見かけより中身と云ったところで中身は見えないし、中身を知るより表面を知る方がてっとり早くて判りやすい。
それでもここまで大金をかけて美しさを追い求め続けるなんて…なんたる執念。
自分だったら絶対こんなのにお金かけない!って思うのは、自分が美人ではないにしてもそこまでひどい顔ではない(と思う)からだろうか?
形だけでなく、表情や話し方、会話の中身まで作り変えたその努力。ある意味、ひどくひたむきで純粋だからこそ出来たことなのかも。
にしても、ほんと、近頃の整形技術ってすごい。顎や鼻の骨を削って顔の形まで変えてしまうんだもん。
★★★☆☆

スポンサーサイト
Trackback URL
http://a-ji.jugem.jp/trackback/3194
TRACKBACK