管理人の読書BLOG。乱読傾向過多!!来るもの拒まず手当たり次第。内容責任取れません。
<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< ゴーストハント1 旧校舎怪談/小野 不由美 | main | バウドリーノ 上・下/ウンベルト・エーコ >>
漂砂のうたう/木内 昇

144回直木賞受賞作だと、手元に届いた時ちっとも思いだせなかった。本屋の店先で目にした覚えもないし、あまり売れてる作ではないのかも?
しかしなかなか面白かったのは、倒幕後の廓が舞台なこと。

元・武士の身分を隠して根津遊郭の客引きをしている主人公・定九郎は、仕事には何のやりがいも持てずになんとなく日々を過ごしている。
刀を取り上げられ、謳われる自由平等の恩恵は得られず、かといって西に向かって西郷隆盛と共に闘う気概もない。柵に取り囲まれる閉塞感から逃れようと、女を抱いたり、使い走りの際に小銭をくすねたりしている。
本来籠の鳥であるはずの花魁・小野菊は、美しさと賢さを兼ね備え、廓の中でも自由さを得ているかのように毅然と輝いている。
その小野菊の引き抜きの手引きを昔の知り合いに強引に頼まれ、定九郎はつい手を貸してしまう。金の為ではなく、自分の周りの何かを変える為に。

ある意味、ちょっと昔の時代の"自分探し"がテーマって感じ。
幕末後と云ったら『サクラ大戦』で謳われるみたいな大正浪漫の華々しさを想像してしまうのだが、この作品は明治のごく初期の頃。
西洋文化を取り入れて世の中が発展していくにしても、そこから取り落とされてしまう者もいる訳で…。
遊郭にしても、客が減り始め、近くに出来た大学の学生を客として取り入れようとしたりといろいろ画策しているあたりがやけにリアル。
そんな中、定九郎の周囲にふいに現れる噺家の下っ端・ポン太の存在が、江戸の名残の幽鬼じみていて、夢か現か判じかねる幻想的な雰囲気を感じさせた。

★★★☆☆

スポンサーサイト
Trackback URL
トラックバック機能は終了しました。
TRACKBACK