管理人の読書BLOG。乱読傾向過多!!来るもの拒まず手当たり次第。内容責任取れません。
<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< もっとよくなる!インコとの暮らし便利帳/斉藤 たまき | main | ディーセント・ワーク・ガーディアン/沢村 凜 >>
采配/落合 博満
落合博満
ダイヤモンド社
(2011-11-17)

野球Fanと云う訳ではなく、試合中継だって普段は見ない。せいぜいニュースを見ていてたまたま野球コーナーを目にするくらいのものだ。
でも以前WBCにハマって燃えて以来、新聞の野球記事だけは目を通すクセがついてしまった。近頃はかなり熱も下がって見出し程度しか見なくなっているが、そんな一過性似非Fanであっても、中日の落合(元)監督と楽天の野村(元)監督は特別な監督と云う印象がある。どちらも個性的でいい意味での自分のこだわりを持っている人だと思う。
と云う訳でこの本を手にしてみた。
これはいわゆる啓蒙書だ。野球選手として、監督として、大学卒業後回り道をした自分の人生を通して思う、生き方の本だ。
彼の文才なのか、編集のうまさなのか知らないが、「○○なことがあった、だから○○するべきだ」とか「△△があったがそれでは駄目だ、と云うのも△△だからだ」と云う理論的で判りやすい説明で述べていくので、とても説得力があった。
采配を後に振り返って、それが正しい選択だったかどうかは判らないけれど、その時点で最も良いものを選んだときっぱり言い切る姿勢はさすがだ。後からああした方が良かった、こうしたのは失敗だった、なんて、後だから云えることなのだから。
選手としてこうあると良い、の部分は為になったが、監督とはの部分は、下っ端社員の私にはあまり関係がない。ここはむしろうちの会社の社長以下に読ませたいところだ。
「投手のことは投手コーチに全て任せている。何故なら投手のことは自分には判らないからだ。しかし責任を取るのは投手コーチを選んだ自分だ」とか、こういう考え方の人との元なら、誰だって頑張って働くんじゃないかなあ。
★★☆☆☆

スポンサーサイト
Trackback URL
トラックバック機能は終了しました。
TRACKBACK