管理人の読書BLOG。乱読傾向過多!!来るもの拒まず手当たり次第。内容責任取れません。
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 雪月花黙示録/恩田 陸 | main | バベル/福田 和代 >>
書楼弔堂 破暁/京極 夏彦
久々の京極作品は新シリーズ(?)もの。
時は明治。徳川時代の名残がそこかしこにあり、新しい風にまだ戸惑うものが多い時分。
療養を理由に休職し、家族と別れて一人暮らす主人公が訪れた書店は"弔堂"と呼ばれる不思議な店。その店の主人の元を訪れた客は、言葉を交わすうちに迷いを吹っ切り、一冊の本を示される。己が会うべき唯一の本に。
元僧侶の本屋の主人とくれば、古本屋兼拝み屋の別シリーズ主人公を髣髴とさせる。事実、あの長い薀蓄は同様。
時代が時代なので、学生時代に国語便覧に載ってた有名作品のタイトルや作者が文章内にちらほら。そして各短編のゲストはほぼ全て著名人。ジョン・万次郎とか勝新太郎とか。かなりうろ覚えになっていた知識を掘り返してなんとかついていったが、時間が出来たら過去の名作読んでいきたいなあ。いや別に弔堂に売り込まれたからではなく。
最後の章に出てくるのは京極の名を持つとある人物で、作品の雰囲気的にリンクしそうな予感がしてたので、やっぱりなとほくそ笑んだり。
少々史実に繋ぎあわせるのに無理があるので、シリーズ化は勘弁してほしいかも。個人的には新シリーズを立ち上げるより京極シリーズの続編が読みたいし。
★★★☆☆
スポンサーサイト
Trackback URL
http://a-ji.jugem.jp/trackback/3429
TRACKBACK