管理人の読書BLOG。乱読傾向過多!!来るもの拒まず手当たり次第。内容責任取れません。
<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 笹の舟で海をわたる/角田 光代 | main | 物語のおわり/湊 かなえ >>
捏造の科学者 STAP細胞事件/須田 桃子
毎日新聞の記者が語るSTAP細胞の顛末を書いた本。
最初の発表時の小保方さんフィーバーから一転、バッシングじゃないかと思えるマスコミの手のひら返しを見ていて、結局のところどうだったのか知りたくて読んでみた。
事の発端から、論文の内容、疑問点、それに対する反論等、判りやすく書かれているのだが、あいにく自分は理系は苦手。理解するのに時間がかかり、後半は本の返却期限との関係で(今回ももちろん図書館利用)かなり飛ばし読みになってしまった。
読んでる限りでは、研究者達に嘘を発表した意識はなく、STAP細胞と云う万能細胞の存在と発見を信じているように見える(笹井氏は最後まで小保方氏を思いやっていた、STAP細胞を信じてるふうに見受けられた、等の記述が最後まで続く)。
ならそれが何故覆されてしまったのかと云えば、"STAP細胞の証明"が疎かにされたことに尽きる。つまり写真の切り貼り、他論文から転用、研究ノートの不備等粗が多く、論文の疑問点を突かれた時すぐに反論出来るだけの証拠がなかった。本来それらの監督・チェックをする立場の人間が、小保方氏の立ち位置が複雑であった為(客員待遇で研究所に所属していたり)にノーチェックのまま通したしまったのが問題だったとしか云いようがない。もしこのチェック機能が働いていたなら、STAP細胞があるにしろないにしろ、そもそものフィーバーから一転バッシングの流れはなかった。笹井氏の自殺や若い女性研究者の前途が断たれることもなかったはず。
この本を読む前は、研究者が若い女性だったもんだからマスコミが盛り上がり過ぎ、疑惑が出た途端可愛さ余って憎さ100倍の手のひら返しをしたと思っていたけれど(事実それもあるだろうが)、研究者の世界における組織・人間関係の複雑さが1番の問題だったのではと云う気がする(相手の立場に遠慮したり、相手を信用しすぎてチェックしなかったりとか)。
特に著者の笹井氏への信頼や評価は高く、そのような人材を失うことになって、なんとかならなかったのかと思えてならない。

それにしても思ったのは、この分野の担当記者が極めて知識豊富で勉強家であるなあと云うこと。そして彼らが普段から研究者や科学者と連絡を取り、教えを請うたりしていること。
知識がなきゃ記事は書けないだろうが、なんとなく新聞記者なんてウケるネタを探してるだけの輩に思えてしまうのだが、著者はこう語る。
『基礎研究に関して「役に立つ」か否かで意義を語るのはナンセンスだと考えている。将来の使い道が想像しきれるなら、それは真に独創的で画期的な成果とは呼べないと思うからだ。』
実用性=金で、応用研究に意識が向きがちと云うが、本当に科学を好きで考えている人ならこう考えるんだなあと感心した。
★★★★☆
スポンサーサイト
Trackback URL
トラックバック機能は終了しました。
TRACKBACK