管理人の読書BLOG。乱読傾向過多!!来るもの拒まず手当たり次第。内容責任取れません。
<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< コンテクスト・オブ・ザ・デッド/羽田 圭介 | main | ハリー・ポッターと呪いの子/J.K.ローリング他 >>
蜜蜂と遠雷/恩田 陸

漸く話題作を読むことが出来た。

ピアノコンクールを題材にした本作、音楽の描写が素晴らしいと聞いていた通り、読んでいて音楽が聞きたくて聞きたくて仕方なくなった。

スター・ウォーズを連想させると云うプロコフィエフのコンチェルト3番

鍵盤を「弾く」のではなく「叩く」であると思わせるバルトークのソナタ80番

華やかなシューマンのノヴェレッテン

多幸感溢れた煌びやかなドビュッシーの喜びの島

屋外を感じさせるバルトークのピアノ協奏曲3番

『のだめカンタービレ』みたいに、掲載された音楽をCDにまとめて売ったら絶対売れると思うし、ぜひ聞きたい。聞いてからもう1回本作を読みたい。この本を読むと音楽の素晴らしさが直球で伝わってくる。

 

内容の方は、ピアノコンクールの参加者達が幾つかの予選から本選へと戦っていく様を描いもの。

突如現れた天才少年(養蜂を営む父と共に普段は放浪生活を送っている)、母の死をきっかけに表舞台から遠ざかった元・天才少女、著名な演奏家の弟子、普通の会社員となったものの最後に1回だけとしてコンクールの参加を決めた男性、等。

私としてはやはり、どんなに上手くともピアノの世界においては凡人としてしかなり得なかった彼に1番感情移入した。ピアノの音には人柄が出ると云う。明るくて優しいと云う彼の音楽がどんなものなのぜひ聞きたい。

『のだめカンタービレ』でもコンクールに参加する描写が出てくるが、漫画では表し切れない部分が小説では語られる。例えば参加者が変わる毎にその希望に応じて調律を行なう点や、次の参加者を舞台に送り出す際、どれだけの思いを込めて声をかけるか等。

審査員や、本選で参加者と共に演奏するオーケストラ、どの人達も音楽がものすごく好きでいろんな思いを込めて関わっているんだなと云うのがよく判った。

音楽にしろミュージカルにしろ、自分は好きな作品はあれど好きな奏者や役者はない。作品が主体であって、誰が演じても関係ないと思っていたのだが、本作でなんとなく判ってきた気がする。

★★★★★

スポンサーサイト
Trackback URL
トラックバック機能は終了しました。
TRACKBACK