管理人の読書BLOG。乱読傾向過多!!来るもの拒まず手当たり次第。内容責任取れません。
<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 蜜蜂と遠雷/恩田 陸 | main | 幻庵 上・下/百田 尚樹 >>
ハリー・ポッターと呪いの子/J.K.ローリング他

ハリー・ポッター最終巻から年月を経て、次の世代の物語が演劇となって帰ってきた。

そのシナリオブックが本作。

本編は図書館から借りて読んでいたので、巻から巻まで年月が空いて細かい内容うろ覚え状態だったから、最後の方では筋を追うのが精一杯。いきなり数十年後で子供が出来て終わったのに呆気にとられたことだけ覚えている。

その状態でこの本を読んで果たして面白いのかと不安だったが、そんなのは杞憂だった。

すっごく面白かった。

シナリオ本なんて読みづらいかと思いきや、むしろ本編より読みやすいくらい。地の文で状況説明が出来ないから、判りやすく的確なセリフで物語を作らなくてはいけない制約が物語の質を高めたのか。作者が複数いて、それぞれの頭で練り上げて作ったからかも。
ハリー・ポッターの次男、アルバスと、ドラコの息子スコーピウスの友情がまた良い。正直なところ、私はハリーはあまり好きではなかったので(設定的に)、父親が超有名人なだけで当人はごく普通の少年なアルバスにすごく共感したし、その彼がやっぱり普通の少年(よりハンデを持ってる)のスコーピウスとごく自然に友情を結ぶのがとっても心温まる。

一方大人達の方。自分の息子がドラコの息子と友達になるのを許せないハリーや、病弱な妻や息子を心底心配するドラコなど、彼らもあれから変わっていったんだなあとしみじみ思った。物語は過去へと戻り、懐かしの重要キャラが登場するサービスもありながら、それがこじつけでなく物語として成り立ってるのが上手い。

演劇版ハリー・ポッターなんて、どれだけ商業主義なんだと思ったものだが、この本を読んで、演劇版を見たくなった。

★★★★★

スポンサーサイト
Trackback URL
トラックバック機能は終了しました。
TRACKBACK